神戸製鋼HOME > 検索結果

検索結果

「クリープ破断時間」の検索結果10件1 ~ 10件目を表示

1. R&D 神戸製鋼技報|KOBELCO 神戸製鋼

(180℃)における疲労強度とクリープ破断時間が従来材料より優れた新合金(仮称:CR20)を開発することができた。 ダウンロード ・キーワード 高温強度 、 アルミニウム 、 インペラ 、 疲労強度

www.kobelco.co.jp/technology-review/vol70_2.html

2. 神 戸 製 鋼グループの 原子力 技 術と製 品

・疲労き裂進展速度 ・クリープ破断時間クリープき裂進展速度 ・繰返し応力 - 歪特性 自動超音波探傷検査(周溶接部:TOFD) 実験データベース 推定寿命 数値解析 破損繰返し数

www.kobelco.co.jp/products/nuclear/npi.pdf

3. 2000 系新耐熱アルミニウム押出合金

6) ,クリープ破断時間は結晶粒径が大きいと向上す る 7) 。このため,材料開発に際して相反する特性の両立 が求められる。本稿では,180℃の温度での疲労強度お

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/70_2/003-006.pdf

4. 神 戸 製 鋼 技 報

6) ,クリープ破断時間は結晶粒径が大きいと向上す る 7) 。このため,材料開発に際して相反する特性の両立 が求められる。本稿では,180℃の温度での疲労強度お

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/70_2/whole.pdf

5. 高Crフェライト系耐熱鋼溶接金属におけるクリープ特性 および靭性に及ぼすV, Nb, Tiの影響

123MPa でのクリープ破断時間,靭性は 0℃ におけるシャルピ吸収エネルギー( v E 0 )により評価した。 さらに,V, Nb, Ti が MX

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/58_1/024-031.pdf

6. 高Cr系フェライト耐熱鋼溶着金属のPWHT温度と機械性能

1. 4 溶着金属の機械的性質評価 機械的性質の評価項目は,室温における引張強度,20℃におけるシャルピー衝撃吸収エネルギー,600℃におけるクリープ破断時間

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/63_1/084-088.pdf

7. 火力発電ボイラ向け P91鋼用溶接材料の開発

試験温度650℃,初期負荷応力100 MPaにおけるクリープ破断時間を評価した。1. 4 組織観察 PWHT 後の溶着金属原質部および再熱部の光学顕微鏡観察を実施した。

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/67_1/033-038.pdf

8. 火力発電ボイラ用高クロムフェライト鋼溶接材料

4 に,クリープ破断時間と衝撃性能に及ぼす化 学成分の影響を示す。Cr は,増加させるとクリープ破断 時間は長くなる(長寿命化する)ものの,δ- フェライト が残留しやすくなり衝撃性能が劣化する。

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/53_2/079-084.pdf

9. 神 戸 製 鋼 技 報

2.25Cr-1Mo-V鋼溶接金属のクリ−プ破断寿命予測方法の検討 菅 哲男・中川 武・宮北 歩・山下 賢・坂田幹宏 84 (論文) 高Cr系フェライト耐熱鋼溶着金属のPWHT温度と機械性能

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/63_1/whole.pdf

10. 神 戸 製 鋼 技 報

主要構造材料である鋼とアルミ,とくに厚板においてはアーク溶接が主要な接合技術であることに変わりはない。アーク溶接電源の制御は,時間応答性に関して試行が完了した感がある。20

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/67_1/whole.pdf

  • 1

ページトップへ