神戸製鋼HOME > 検索結果

検索結果

「固相接合」の検索結果10件1 ~ 10件目を表示

1. R&D 神戸製鋼技報|KOBELCO 神戸製鋼

固相接合 、 同種金属接合 、 異種金属接合 、 アルミニウム 24 (解説) 接着接合の強度信頼性を担う金属表面制御技術 P.130 高橋佑輔・山本慎太郎・勝野大樹・村田陽子 近年、

www.kobelco.co.jp/technology-review/vol72_1.html

2. 摩擦攪拌接合(FSW)技術開発の動向

属同士を直接接合することを特徴とし,接合する金属同 士を溶融させる融接法,融点以下で接合する固相接合 法,接合する金属よりも低融点な合金(ろう)を溶融さ

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/72_1/123-129.pdf

3. 神 戸 製 鋼 技 報

通巻248号 特集:溶接・接合技術 1 ページ (巻頭言) 溶接・接合技術特集の発刊にあたって 末永和之 2 (技術資料) 短絡移行を前提としないワイヤ送給制御プロセスAXELARC

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/72_1/whole.pdf

4. 一般的な異種金属接合法の種類と比較

さなどの問題から実用化には至っていない。 いっぽう,固相接合は溶融溶接と異なり金属間化合物 が生成しにくいため,一定の性能を持つ継手を形成する ことができる 4 ) 。

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/67_1/098-103.pdf

5. 鋼/アルミニウム合金のスクラムリベットMIG溶接

ることが多い。  摩擦圧接や爆発圧接などの固相接合で生成される金属 間化合物は薄く,1 ∼ 2μm 程度のときに最も高い強度 が得られるとされている 1) 。一方,レーザ溶接 2) やブレ ージング

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/57_2/101-105.pdf

6. アルミニウム合金と鋼の異材スポット溶接継手の特性に 及ぼすSi添加の影響

しかしながら,合金成分の影響に関 しては,固相接合での検討が主であり 3) ,7) ~ 9) ,とくに鋼 板およびアルミ合金板の主要成分の一つであるSiの影響

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/62_2/077-081.pdf

7. マイクロチャネル機器(DCHE)の製作技術

する方法」として定義され 4 ) ,摩擦圧接や冷間圧接(常 温圧接)などの各種の圧接と同じく,固相接合法に分類 される 5 ),6 ) 。拡散接合品の断面観察結果の一例を 図 7に示す。

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/63_2/023-027.pdf

8. 神 戸 製 鋼 技 報

に示すように,凝固中における液共存領域であ る固相線温度T S と液線温度T L の温度範囲は,一般に 凝固脆性温度領域(Brittleness temperature range,以

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/67_1/whole.pdf

9. 神 戸 製 鋼 技 報

する方法」として定義され 4 ) ,摩擦圧接や冷間圧接(常 温圧接)などの各種の圧接と同じく,固相接合法に分類 される 5 ),6 ) 。拡散接合品の断面観察結果の一例を 図 7に示す。

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/63_2/whole.pdf

10. 神 戸 製 鋼 技 報

(A)部は,液膜が存在しない固相での形態を呈する強 制破面であり,鋳造凝固中での割れではない。一方, (B) (C)部では,破断面が液膜で覆われていることから

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/62_2/whole.pdf

  • 1

ページトップへ