神戸製鋼HOME > 検索結果

検索結果

「塗装焼付」の検索結果27件1 ~ 10件目を表示

1. R&D 神戸製鋼技報|KOBELCO 神戸製鋼

T1調質時の塑性加工で生じる残留応力から、人工時効処理や塗装焼付工程を経た後の残留応力を予測する式を作成した。7000系合金製押出部材に対する人工時効処理や塗装焼付工程は、

www.kobelco.co.jp/technology-review/vol71_1.html

2. 7000系アルミニウム合金製押出部材の熱処理工程を 考慮した残留応力予測技術

その引張残留応力は,製造プロセス における人工時効処理や自動車メーカでの塗装焼付工程 などの熱処理を経る中で緩和が進み,市場出荷時には引 張残留応力が低下している可能性がある。この応力緩和

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/71_1/013-018.pdf

3. 神 戸 製 鋼 技 報

その引張残留応力は,製造プロセス における人工時効処理や自動車メーカでの塗装焼付工程 などの熱処理を経る中で緩和が進み,市場出荷時には引 張残留応力が低下している可能性がある。この応力緩和

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/71_1/whole.pdf

4. 環境・社会報告書

塗装焼付調整による燃料削減、高効率照明 神鋼造機(株) 岐阜県大垣市 ボイラ給水温度見直し、工場エア供給圧力見直し、空調・照明省エネルギー更新 神鋼特殊鋼線(平湖)有限公司 中国 浙江省 平湖市

www.kobelco.co.jp/about_kobelco/outline/publications/backnumber/sustainability_report/files/2012_all.pdf

5. 環境・社会報告書

本冊子は大豆油インクおよび再生紙を使用しています 2010年6月発行 神戸本社 〒651-8585 神戸市中央区脇浜町2丁目10-26東京本社 〒141-8688 東京都品川区北品川5丁目9-12 ...

www.kobelco.co.jp/about_kobelco/outline/publications/backnumber/sustainability_report/files/2010_all.pdf

6. 自動車用サスペンション向けアルミニウム合金鍛造材の 二段時効による高強度化

 BH 処理とは,塗装焼付け時の熱を利用して強度(耐力) を上げる処理のことである。 8 KOBE STEEL ENGINEERING REPORTS/Vol. 70 No. 2

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/70_2/007-011.pdf

7.  神戸製鋼の

(最小値) (%) 塗装焼付硬化量 (N/mm 2 ) 曲げ試験 r値 n値 JIS規格(JIS G 3135) 神鋼規格 厚さ(mm) 曲げの内側半径 厚さ(mm) 0.6以上1.0未満

www.kobelco.co.jp/products/download/steel-aluminum/files/reien_220328.pdf

8. 神 戸 製 鋼 技 報

BH 処理とは,塗装焼付け時の熱を利用して強度(耐力) を上げる処理のことである。 8 KOBE STEEL ENGINEERING REPORTS/Vol. 70 No. 2(Dec. 2020)

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/70_2/whole.pdf

9. アルミ・銅事業部門の技術開発動向

レス加工時は柔らかく加工が容易である一方,加工後の 塗装焼付けで材料が硬化して必要な強度が得られる。 現在ではさらに,ヘム加工性(曲げ加工性)を向上した

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/62_2/001-001.pdf

10. ドアビーム用超高強度冷延鋼板

2.2 塗装焼付け硬化(BH)特性ドアビームの吸収エネルギを高めるためには原板の強度を高めることはもちろんのこと,塗装焼付けによる降伏強度(YS)の上昇量(BH 量)も重要である。

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/47_2/042-045.pdf

ページトップへ