神戸製鋼HOME > 検索結果

検索結果

「後方散乱信号」の検索結果5件1 ~ 5件目を表示

1. R&D 神戸製鋼技報|KOBELCO 神戸製鋼

SEM/EBSD法との比較検討により、超音波測定による後方散乱信号を活用することで、局所集合組織領域の形態を評価できることを示した。 ダウンロード ・キーワード チタン合金 、 局所集合組織 、

www.kobelco.co.jp/technology-review/vol70_2.html

2. チタン合金鍛造材における局所集合組織領域の形態評価技術

いて,マクロ組織で観察される平たんな粒界に対して垂 直方向に超音波を入射させた場合,後方散乱信号(入射 方向に対して逆方向に散乱する超音波の信号)強度が最 大になると報告している 17) 。

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/70_2/032-036.pdf

3. 神 戸 製 鋼 技 報

神 戸 製 鋼 技 報 Vol. 70, No. 2/ Dec. 2020 通巻245号 特集:素形材 1 ページ (巻頭言) 素形材特集の発刊にあたって 松原弘明 3 (技術資 ...

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/70_2/whole.pdf

4. チタン合金の鍛造プロセス設計のための超音波探傷性の 予測技術

に内部欠陥のサイズなどを判断するが,チタン合金鍛造 材は材料組織に起因して発生する後方散乱信号(以下, 材料ノイズという)が大きく,微小欠陥から生じる信号

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/66_1/048-052.pdf

5. 神 戸 製 鋼 技 報

これに対して当社は型入れ法を開発した。型入れ法は,棒状素材を輪切りにした一片を金型に挿入する。このため,素材が金型に拘束され,後方押し出しの状態で羽部を成形することができる。

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/66_1/whole.pdf

  • 1

ページトップへ