神戸製鋼HOME > 検索結果

検索結果

「析出強化」の検索結果48件1 ~ 10件目を表示

1. 高導電性耐熱合金 KFC® 技術・製品情報 | KOBELCO 神戸製鋼

2 Pの微細な化合物を形成させた析出強化型の銅合金です。 特長 導電性および熱伝導性が非常に優れています。 純銅より高強度を実現しています。 ベアボンディング性に優れます。

www.kobelco.co.jp/products/copperplate/kfc.html

2. 直接切削用非調質棒鋼

特長 ①Vの添加による析出強化をベースに、制御圧延による結晶粒微細化効果も取り入れて 圧延状態で焼入れ焼戻し材に相当する機械的性質を確保。 ②焼入れ焼もどしを行わないので焼入れ歪みが無く、

www.kobelco.co.jp/products/download/steel-aluminum/files/sb037.pdf

3. 熱間鍛造用非調質棒鋼

特長 ①Vの添加による析出強化をベースに、マルテンサイト・ベイナイト生成による変態強化 などを活用して、機械的性質を確保。 ②高強度型、高靱性型、高強度高靱性型などさまざまな要求特性に対応。合金鋼の

www.kobelco.co.jp/products/download/steel-aluminum/files/sb038.pdf

4. リアクタ用新材料について 技術・製品情報 | KOBELCO 神戸製鋼

高強度化によるリアクタ重量の削減 V, Cbの炭化物の析出強化により従来の2 1/4Cr-1Mo鋼に比べ強度が高く、10%前後の重量削減が可能です。 水素侵食、水素脆化等の耐水素性の向上

www.kobelco.co.jp/products/ecmachinery/pressure/reactor_materials.html

5. 北米における自動車用鋼板事業の新プロジェクトについて プレスリリース | KOBELCO 神戸製鋼

この組織強化型ハイテンは、それまで主流であった合金元素を使用した析出強化型ハイテンと比較し、加工性・溶接性・引張強度などで大きく優位に立つものであり、今日の超ハイテン製品の根幹を為すものである。

www.kobelco.co.jp/releases/2010/1183866_14782.html

6. R&D 神戸製鋼技報|KOBELCO 神戸製鋼

PWHT後のじん性低下は、焼戻しぜい化や炭化物起因の析出強化に起因することを見極め、それらの弊害を最小化できる溶接金属成分系を導出した。得られた知見をもとに、PWHT後のじん性が良好な780

www.kobelco.co.jp/technology-review/vol72_1.html

7. PWHT後じん性が良好な780 MPa級鋼用溶接材料

強化元素であるCr,Moに起因したPWHT後における炭 化物の生成,成長による析出強化も要因の一つに挙げら れる 3),4) 。 本稿では,被覆アーク溶接棒(以下,SMAWという)

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/72_1/060-064.pdf

8. No.8 銅合金板条の熱処理 素形材事業 | KOBELCO 神戸製鋼

® 125に代表されるCu-Ni-Si系合金などは金属間化合物を析出することによって強化されるんだ。 KFC ® 、KLF ® -1、KLF ® 125 モンちゃん へぇ、

www.kobelco.co.jp/advanced-materials/technical/copper/1174596_17318.html

9. 溶接コア技術の開発と社会実装

9Cr 系耐熱鋼のクリープ強度やクリープ破断延性を改善した鋼種 24) であり,固溶強化析出強化の目的でタングステン(W)を添加しているが,溶接金属中のWは,その量に依存して析出形態が変化する。

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/72_2/098-104.pdf

10.  神戸製鋼の

9以下 析出強化型で高い強度を有し、曲げ加工に適した熱間 圧延高張力鋼板 KBHF540 KBHF590 1.6以上 6以下 KBHF690 熱間圧延高張力鋼板 (強加工用) KBHF490B

www.kobelco.co.jp/products/download/steel-aluminum/files/netsuen_jp_220420.pdf

ページトップへ