神戸製鋼HOME > 検索結果

検索結果

「焼結歯車」の検索結果11件1 ~ 10件目を表示

1. オートモーティブワールド2020 特設サイト|KOBELCO 神戸製鋼

焼結歯車用高強度鉄粉 ・高機能セグレス 高密度KPシリーズ 高被削性KSシリーズ 素形材事業部門 アルミ アルミ ・ アルミ/鋼 マルチマテリアル製ドア ・ 高強度7000系Al合金ビームのつぶし加工技術 ・ アルミ合金板(自動車パネル、部品用) ・ 押出用アルミ開発合金 ・ サスペンション部品用アルミニウム鋳造品 ・

www.kobelco.co.jp/products/automotive-world/

2. 焼結歯車用高強度鋼粉 46F4H|KOBELCO 神戸製鋼

このサイト内 焼結歯車用高強度鋼粉 46F4H 溶製鋼歯車と同等以上の高強度を実現 特長 特徴 1.酸化による強度低下が無い Cr等の易酸化元素を含まないため焼結および熱処理における酸化の懸念が無く、RXガス浸炭でも高強度が得られます。 2.高強度 表面転造加工により空孔の低減が可能となり、溶製鋼歯車と同等以上の強度が得られます。

www.kobelco.co.jp/products/powder/pre-alloy/sintered-gear/index.html

3. プレアロイ型合金鋼粉|KOBELCO 神戸製鋼

® 焼結歯車用高強度鋼粉 46F4H 製品・技術のご紹介 高圧縮性アトマイズ純鉄粉 アトメル ® プレアロイ型アトマイズ低合金鋼粉 黒鉛偏析防止鋼粉 セグレス ® 磁性鉄粉 マグメル ® 土壌・地下水浄化用鉄粉 エコメル ® 合金微粉末 ファインアトメル 鉄粉/焼結部品の製造方法 カイロ・脱酸素剤用途での鉄粉 簡易カタログ お問い合わせ先 株株式会社

www.kobelco.co.jp/products/powder/pre-alloy/

4. 「人とくるまのテクノロジー展2015」への出展について お知らせ | KOBELCO 神戸製鋼

焼結歯車用高強度鉄粉」、アルミ・銅事業部門からは、「樹脂射出によるアルミ材と鋼材の接合」「車載バッテリーシステムへの提案」「当社のアルミ製品におけるグローバル供給体制」、溶接事業部門からは、「亜鉛めっき鋼板用溶接法」「超ハイテン鋼板用アーク溶接材料」についてパネル展示にて御紹介致します。 自動車関連分野において、

www.kobelco.co.jp/notices/2015/1191206_15365.html

5. ステークホルダーの皆様の安全と健康を第一に

高強度ボルト用鋼 焼結歯車用高強度鉄粉 社会課題解決の事例 自動車分野 CO 2 排出削減貢献 1 製鉄分野の CO 2 削減: MIDREX ® による直接還元製鉄 2 FACT 各地域の燃費規制動向( CO 2 排出量換算) 日本 米国 中国 EU欧州: 2030 年の燃費・排ガス規制がさらに厳格化されることが決定日本:現在、 2030

www.kobelco.co.jp/about_kobelco/outline/integrated-reports/2020/files/20_valuecreation.pdf

6. KOBELCO

高強度ボルト用鋼 焼結歯車用高強度鉄粉 社会課題解決の事例 自動車分野 CO 2 排出削減貢献 1 製鉄分野の CO 2 削減: MIDREX ® による直接還元製鉄 2 FACT 各地域の燃費規制動向( CO 2 排出量換算) 日本 米国 中国 EU欧州: 2030 年の燃費・排ガス規制がさらに厳格化されることが決定日本:現在、 2030

www.kobelco.co.jp/about_kobelco/outline/integrated-reports/2020/files/integrated-reports2020.pdf

7. R&D 神戸製鋼技報|KOBELCO 神戸製鋼

(論文) 焼結転造歯車の高強度化メカニズムおよび適用メリット P.17 谷口祐司・西田 智 自動車への焼結部品の適用拡大を目的として、高い疲労強度が要求されるトランスミッション歯車への適用が検討されている。最近の研究では、プレアロイ鋼粉を用いた焼結転造歯車が、従来の溶製鋼歯車と比較して同等以上の疲労強度を得られることが報告されている。しかし、

www.kobelco.co.jp/technology-review/vol70_2.html

8. 焼結浸炭歯車に適用したNi-Mo系プレアロイ粉「46F4H」

焼入れした歯車(以下,焼結浸炭焼入れ歯車という)は, 溶製鋼よりも面圧疲労強度が低いためにほとんど実用化 されていない。 しかしながら従来の研究で,低合金鋼粉アトメル 46F4H(0.5 mass%Ni-1.0 mass%Mo)( 以 下,46F4Hと いう)を用いた歯車を粉末鍛造し,溶製鋼と同等の真密 度で浸炭すれば,浸炭焼入れ溶製鋼歯車と同等の疲労特

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/66_1/061-067.pdf

9. 神 戸 製 鋼 技 報

(技術資料) 焼結浸炭歯車に適用したNi-Mo系プレアロイ粉「46F4H」 西田 智・鈴木浩則・吉田眞規 68 (技術資料) 高周波用圧粉磁心の低鉄損化 北条啓文・上條友綱・谷口祐司・赤城宣明・三谷宏幸 72 (論文) 6061アルミニウム合金鍛造品の機械的特性に及ぼすミクロ組織の影響 中井 学・岡田慶太・伊原健太郎・稲垣佳也 79 (解説)

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/66_1/whole.pdf

10. 焼結転造歯車の高強度化メカニズムおよび適用メリット

ぽう,転造加工において空孔は完全にはなくなっていな いにもかかわらず,焼結転造歯車が溶製鋼歯車を上回る 疲労強度を示すメカニズムは十分には解明されていな い。 そこで当社では,焼結転造歯車が高い疲労強度を示す 要因を解明すべく,溶製鋼歯車との比較調査を行った。 さらに,焼結転造歯車の適用拡大のため,溶製鋼歯車

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/70_2/017-021.pdf

  • 1
  • 2
  • 次へ

ページトップへ