神戸製鋼HOME > 検索結果

検索結果

「熱拡散」の検索結果11件1 ~ 10件目を表示

1. AIP装置による硬質皮膜コーティング|KOBELCO 神戸製鋼

(AIP) 熱拡散プロセス CVD 処理温度 400 - 450 ℃ 900 - 1,000 ℃ 900 - 1,000 ℃ 金型の歪 0.02%以下 約0.1% 約0.1% 皮膜硬さ 35GPa

www.kobelco.co.jp/products/function/pvd/belcoat/aip/index.html

2. R&D 神戸製鋼技報|KOBELCO 神戸製鋼

熱拡散 、 はんだ付け 、 抵抗溶接 08 (論文) 高移動度酸化物半導体a-IGZTOを用いたトップゲート型 薄膜トランジスタの水素プラズマ処理による特性安定性 P.37

www.kobelco.co.jp/technology-review/vol71_2.html

3. 電子電気部品用銅合金の的性質2

used. 検索用キーワード 銅合金,端子,コネクタ,導電率,伝導率,接触抵抗,抵抗,熱拡散,はんだ付け,抵抗溶接 ■特集: 社会の多様なニーズを支える機能性材料とそのソリューション

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/71_2/029-036.pdf

4. お詫びと訂正

(解説) 電子電気部品用銅合金の的性質 2 野村幸矢 37 (論文) 高移動度酸化物半導体a-IGZTOを用いたトップゲート型 薄膜トランジスタの水素プラズマ処理による特性安定性

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/71_2/whole.pdf

5. 電気加熱タイヤ加硫機

して加硫成形が完了する。熱拡散率の小さなゴムが主要 原料となるタイヤにおいては,ショルダ部やビードフィ ラ部に代表される肉厚部位内部の昇温が遅れる。このた

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/58_2/051-056.pdf

6. グリーンタイヤ予装置

この ため,熱拡散率の小さなゴムからなるタイヤにおいて は,ショルダ部やビードフィラ部(図 1 参照)に代表さ 64 KOBE STEEL ENGINEERING REPORTS /Vol. 54

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/54_3/064-068.pdf

7. 銅めっきなし溶接用ソリッドワイヤ

3 ), k :ワイヤの熱拡散率(m 2 /s) [k =κ/cρ,κ:伝導率(W /mK)],c :比熱(J/kgK),J :ワイヤ突き出し部分の電流密度(A/m 2 ),R (T):温度 T

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/50_2/015-018.pdf

8. 新しい鉄系焼結部品用被削性改善添加剤

て工具表面に付着する。これが熱拡散による工具元素の 切りくず中への移行を防止することにより,工具摩耗抑 制効果を発揮する。しかしながら,鉄系焼結部品にもっ ぱら用いられる K

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/59_1/076-080.pdf

9. Si-IGBT向け高強度アルミニウム合金電極材料

パワー半導体素子は,通 電時のジュール発熱と,電流遮断時の熱拡散による冷却 を繰り返すため,それぞれの部材界面には膨張率差に よる応力が繰り返し加わる。この動作時と待機時の温度

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/65_2/058-061.pdf

10. 凝固シミュレーション技術の現状

ここに, α:熱拡散率      :比熱       :凝固潜熱    (φ) :拡散係数式(7)の下付添字は変数 に対する 1 階( )あるいは2 階( )の偏微分を表す。 また,上式中の 3

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/59_1/002-007.pdf

  • 1
  • 2
  • 次へ

ページトップへ