神戸製鋼HOME > 検索結果

検索結果

「熱間圧延」の検索結果209件1 ~ 10件目を表示

1. 低錫りん青銅系端子・コネクタ材料 KLF®-5 技術・製品情報 | KOBELCO 神戸製鋼

PおよびSnを含有する合金です。熱間圧延が可能な低錫りん青銅です。Fe-P化合物を析出させることによりりん青銅よりも高強度、高導電性を得ています。コストパフォーマンスの高い低錫りん青銅改良材料です。

www.kobelco.co.jp/products/copperplate/klf5.html

2. コンピュータ磁気ディスク用ブランク・サブストレート 技術・製品情報 | KOBELCO 神戸製鋼

熱間圧延 → 冷間圧延 → スリッター ブランク アルミ板 → 打ち抜き → 積み付け → 焼鈍 → 剥離・検査 → 梱包 サブストレート ブランク → 端面加工 → 焼鈍 → グラインド加工

www.kobelco.co.jp/products/almi/sub_straight.html

3. (一社)日本鉄鋼協会主催の2023年度一般表彰における受賞について 企業情報 | KOBELCO 神戸製鋼

題目:線材・棒鋼圧延の表面品質向上に関する研究開発 線材・棒鋼の熱間圧延に関する研究開発、特に圧延中に生じる表面疵の発生メカニズムの解明に取り組み、線材・棒鋼製品の高品質化に大きく貢献しました。

www.kobelco.co.jp/about_kobelco/awards/2024/1214515_18153.html

4. 秋の褒章 受章者について① 企業情報 | KOBELCO 神戸製鋼

平成29年には厚生労働大臣表彰を受賞するなど、非鉄金属熱間圧延工として栃木県を代表する人物である。また、後進育成においても、関連企業を含めた技能向上施策の責任者として技能者育成に取り組み、

www.kobelco.co.jp/about_kobelco/awards/2019/1203020_16980.html

5. 現代の名工 受賞者について① 企業情報 | KOBELCO 神戸製鋼

当社で製造するアルミ板材は、大きく溶解・熱間圧延・冷間圧延・精整の4つの工程を経て製品となり、受賞者は最終工程である精整工程を担当している。精整工程はアルミ板をユーザー要求、

www.kobelco.co.jp/about_kobelco/awards/2019/1203022_16980.html

6. 飲料・食品容器用アルミ合金 技術・製品情報 | KOBELCO 神戸製鋼

(ボディ)材は熱間圧延後のホットコイルを2タンデム圧延機1パスで製品厚に仕上げることができ、大幅な工程合理化を達成しています。蓋(エンド)材や他の用途の容器用材料にも活用しており、高効率、

www.kobelco.co.jp/products/almi/beverage_bottles.html

7. JIS認証状況(品質不適切行為を受けての臨時審査等)|KOBELCO 神戸製鋼

G3114(溶接構造用耐候性熱間圧延鋼材)、G3136(建築構造用圧延鋼材)、G3140(橋梁用高降伏点鋼板)、G4051(機械構造用炭素鋼鋼材) ※2 G3101(一般構造用圧延鋼材)、G3106

www.kobelco.co.jp/progress/jis-certification.html

8. アルミ箔製造設備/伸銅用圧延設備/鉄鋼用板圧延設備 技術・製品情報 | KOBELCO 神戸製鋼

mill 伸銅用として熱間圧延設備から極薄物圧延設備に至る各種圧延設備、更に一貫圧延プラントを海外に納入してきました。 特に、KTミル(12段圧延設備)をはじめとする薄物圧延設備は、

www.kobelco.co.jp/products/rolling/sheet/sheet05.html

9. 日本鉄鋼協会より生産技術賞と技術貢献賞を受賞|KOBELCO 神戸製鋼

製鉄設備の開発・建設・保全に携わり、設備管理技術の高度化による安定稼働の実現や熱間圧延工程における制御技術の高精度化に顕著な成果をあげ、鉄鋼設備における制御技術の進歩発展に大きく貢献した事が評価され、

www.kobelco.co.jp/notices/1196587_15586.html

10. 春の褒章 受章者について 企業情報 | KOBELCO 神戸製鋼

連鋳、熱間圧延という広範な製鉄設備の安定稼動および改善活動において、熱意あふれる行動力と卓越した指導力により大きな成果を挙げ、現在も製鉄現場の機械保全の分野において、国内最高級の技能を発揮している。

www.kobelco.co.jp/about_kobelco/awards/2016/1194835_14966.html

ページトップへ