神戸製鋼HOME > 検索結果

検索結果

「連続運転禁止回転速度範囲」の検索結果3件1 ~ 3件目を表示

1. R&D 神戸製鋼技報|KOBELCO 神戸製鋼

ねじり共振回転数の制御が可能となる。これにより連続運転禁止回転速度範囲の通過特性を改善することも可能であり、機関設計を大幅に変更することなくねじり振動の問題に対処できるようになることが期待される。

www.kobelco.co.jp/technology-review/vol70_2.html

2. 船舶用中間軸への高強度鋼適用によるねじり振動問題への 対応

このような特長を有する開発鋼を活用することによって中間軸径の許容範 囲を拡大することができ,ねじり共振回転数の制御が可能となる。これにより連続運転禁止回転速度範囲の通過

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/70_2/052-055.pdf

3. 神 戸 製 鋼 技 報

どが挙げられる。サスペンションの役割は通常運転時の 操縦性や緩衝性能,乗り心地だけではない。それらに加 えて衝突時の乗員保護,すなわち大変形による衝突エネ

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/70_2/whole.pdf

  • 1

ページトップへ