神戸製鋼HOME > 検索結果

検索結果

「金属セパレータ」の検索結果9件1 ~ 9件目を表示

1. R&D 神戸製鋼技報|KOBELCO 神戸製鋼

本稿では、耐食性とICRに絞ってセパレータ材料として検討されているカーボン-樹脂複合材とコーティング金属の最近の開発を概観する。さらに、

www.kobelco.co.jp/technology-review/vol71_2.html

2. 新 製 品 新 技 術

コンパクトで車載に適する金属セパレータでは,従来は導電性と耐食性が高い貴金属類を用いる,もしくは,プレス成形時の剥離を避けるためにプレス後にシート状でバッチ式表面処理を行う必要があるなど,コストや生産性に課題があった。

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/71_2/078.pdf

3. 固体高分子型燃料電池セパレータ用材料の最近の開発動向 と当社の取り組み

本稿では,耐 食性とICRに絞ってセパレータ材料として検討されているカーボン-樹脂複合材とコーティング金属の最近の開 発を概観する。

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/71_2/070-076.pdf

4. 高機能な表面の創製により安全・安心な社会に貢献 する金属表面制御技術

台当たりに数百枚 以上搭載される金属セパレータには,表面導電性と耐食 性を兼備し,かつ,プレス成型可能な表面処理(プレコ ート)が要求される。当社では,ナノサイズのカーボン

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/72_2/033-037.pdf

5. お詫びと訂正

(解説) 固体高分子型燃料電池セパレータ用材料の最近の開発動向と当社の取り組み 佐藤俊樹 77 神戸製鋼技報掲載 社会の多様なニーズを支える機能性材料とそのソリューション関連文献一覧表

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/71_2/whole.pdf

6. 神 戸 製 鋼 技 報

(解説) 金属中介在物の制御技術を用いた高信頼性製品の創出 足立毅郎 28 (解説) 安全・安心で持続可能な社会を支える新素材の創出に貢献する金属組織制御技術 村上俊夫 33

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/72_2/whole.pdf

7. 貴金属元素含有チタン合金の酸洗後熱処理による接触抵抗 の低減

 このような要求に応えるセパレータとして,カーボン 系と金属系のセパレータが研究されている。カーボンセ パレータとしては,当初,焼成グラファイトを精密切削

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/55_3/048-051.pdf

8. 熱処理によるAuコーティングチタンセパレータの導電性向上

難なため,ステンレスやチタンなどの耐食性金属を用い た金属セパレータが検討されている 5) ∼ 8) 。これらの耐食 性金属は,表面に不働態皮膜を形成することによって耐

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/60_2/029-032.pdf

9. 神 戸 製 鋼 技 報

本稿で は,燃料電池用セパレータ適用に向けた表面処理と熱処 理技術,従来の航空機部材用 Ti6Al4V 合金の代替を目指 した廉価材の加工性向上と特性改善,圧延製品の高強度

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/60_2/whole.pdf

  • 1

ページトップへ