神戸製鋼HOME > 検索結果

検索結果

「高炭素鋼線材」の検索結果19件1 ~ 10件目を表示

1. 高炭素鋼線材の用途高度化に向けた微細TiN介在物評価技術

(Jul. 2021) まえがき=高炭素鋼線材は適正な熱処理と冷間伸加工 により強度化することが可能である。このため,橋梁 用亜鉛めっき鋼線や PC 鋼線,ワイヤロープなど社会基

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/71_1/070-075.pdf

2. R&D 神戸製鋼技報|KOBELCO 神戸製鋼

(論文) 高炭素鋼線材の用途高度化に向けた微細TiN介在物評価技術 P.70 杉谷 崇・竹田敦彦・酒道武浩・太田裕己・島本正樹・武田佳紀 細径に加工される高炭素鋼線材では、

www.kobelco.co.jp/technology-review/vol71_1.html

3. 鋼材生産体制の概要

1 線材工場を稼働させて高炭素鋼線 を国産化した。その後,増大する国内需要に対応する ために新しい線材工場を増設し生産量を拡大していっ た。1959年には当社初となる高炉操業を神戸灘浜地区に

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/69_2/003-008.pdf

4. 環境・社会報告書

5.5mm の高炭素鋼線材を 直径約 0.2mm まで伸加工して製造されます。また、 近年は太陽電池に用いられるシリコンウェハーを切断 する際に使用する極細(ソーワイヤ)としてもさらに

www.kobelco.co.jp/about_kobelco/outline/publications/backnumber/sustainability_report/files/2011_all.pdf

5. 神 戸 製 技 報

(論文) 高炭素鋼線材の用途高度化に向けた微細TiN介在物評価技術 杉谷 崇・竹田敦彦・酒道武浩・太田裕己・島本正樹・武田佳紀 76 神戸製鋼技報掲載 材料組織・特性の予測と計測関連文献一覧表

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/71_1/whole.pdf

6. 神 戸 製 技 報

1 線材工場を稼働させて高炭素鋼線 を国産化した。その後,増大する国内需要に対応する ために新しい線材工場を増設し生産量を拡大していっ た。1959年には当社初となる高炉操業を神戸灘浜地区に

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/69_2/whole.pdf

7. 線材・棒鋼特集号の発刊にあたって

寿命を向上させることが可能となった。 高炭素鋼線材などを大量に生産している加古川製鉄所 の第 8 線材工場では,ビレット加熱炉の更新,圧延機や デスケラーの増設をおこない,品質競争力の向上,生産

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/50_1/001-001.pdf

8. 線材・棒鋼の課題と今後の取組

 本章では,当社における線材・棒鋼の主力商品であり,機能性と品質が要求されるばね用線材,冷間圧造用線材,高炭素鋼線材,および自動車用棒鋼について品種別に現状と課題を述べる。

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/61_1/002-006.pdf

9. 輸送機産業への貢献

具体例を 挙げれば,高炭素鋼線材に対して,微量ボロンの添加や 介在物制御など特徴ある試みを施し, 断線が発生し難い, 信頼性の高いタイヤゴム補強用強度スチールコードを 開発している。

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/54_3/001-001.pdf

10. 21 世紀の線材・棒鋼を考える

線材・棒鋼のなかでもとくに高度な品質が要求される ばね用線材,冷間圧造用線材,高炭素鋼線材,機械構造 用棒鋼の 4 品種における今後の動向と技術課題について 概説する。 1.1 ばね用線材

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/50_1/002-005.pdf

  • 1
  • 2
  • 次へ

ページトップへ