神戸製鋼HOME > 検索結果

検索結果

「Dual-phase鋼」の検索結果19件1 ~ 10件目を表示

1. 均質化弾塑性FEMによるDual-phase鋼のマルチスケール 強度解析

その代表的な材料としてフェライト・マルテンサイ ト相から構成されるDual-phase鋼(以下,DPという) が挙げられる。このような高張力材では,内部組織制

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/71_1/008-012.pdf

2. R&D 神戸製技報|KOBELCO 神戸製

(論文) 均質化弾塑性FEMによるDual-phase鋼のマルチスケール強度解析 P.08 黒澤瑛介 Dual-phase鋼を代表とする高張力材はさまざまな分野で使用されている。

www.kobelco.co.jp/technology-review/vol71_1.html

3. 北米における自動車用板事業の新プロジェクトについて プレスリリース | KOBELCO 神戸製

最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。 北米における自動車用板事業の新プロジェクトについて 2010年12月2日 株式会社神戸製所 (株)神戸製所(以下神戸製)はこのほど、

www.kobelco.co.jp/releases/2010/1183866_14782.html

4. 神 戸 製 技 報

(論文) 均質化弾塑性FEMによるDual-phase鋼のマルチスケール強度解析 黒澤瑛介 13 (技術資料) 7000系アルミニウム合金製押出部材の熱処理工程を考慮した残留応力予測技術

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/71_1/whole.pdf

5. 高延性980MPa級冷延板の成形性

イト組織(Dual-Phase :以下 DP )である。高延 性を確保するためには,フェライト相を最大化し,微細 で硬質なマルテンサイトを適量分散させるのが基本的な 考え方であるが,現状 DP

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/57_2/019-022.pdf

6. TRIP型ベイニティックフェライト板の機械的性質に及 ぼす合金元素及び焼鈍条件の影響

を超える高強 度板の適用が増大しており,また,熱処理技術を利用 することで,1,470MPa 級まで高強度化された部品が実 用化されている。  しかし,1,180MPa

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/57_2/027-030.pdf

7. 軸圧壊時の変形能に優れる GA980MPa 級合金化溶融亜鉛 めっき

(GA) dual-phase (DP) steel sheets of 980MPa grade have insufficient performance. The newly

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/69_1/025-028.pdf

8. 化成処理性に優れる高強度冷延

高強度 材の中でも特に高強度冷延薄板は,プレス成形によっ て自動車ボディ部材等に加工されるため高強度かつ高延 性であることが求められ,DP (dual phase)板,TRIP

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/57_2/074-077.pdf

9. 自動車用高強度板の延性に及ぼす残留オーステナイト 存在状態の影響

神戸製技報 /Vol. 69 No. 1(Jul. 2019) 29 まえがき=自動車のCO 2 排出量低減と衝突安全性とを両 立させるため,車体軽量化に資する材料への要望が高ま っている。

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/69_1/029-032.pdf

10. 超高加工性1180MPa 級冷延板の特性

神戸製技報/Vol. 66 No. 2(Mar. 2017) 17 まえがき=近年,自動車の衝突安全性向上と排出ガス削 減のための車体軽量化を目的として高強度板の適用が 進められている

www.kobelco.co.jp/technology-review/pdf/66_2/017-020.pdf

  • 1
  • 2
  • 次へ

ページトップへ